影裏

2020年2月14日ロードショー 2020年2月14日ロードショー

綾野 剛  筒井真理子 中村倫也 平埜生成 永島暎子 安田 顕 / 國村 隼  松田 龍平  監督:大友啓史  脚本:澤井香織 音楽:大友良英 原作:沼田真佑 「影裏」(文藝春秋刊) 綾野 剛  筒井真理子 中村倫也 平埜生成 永島暎子 安田 顕 / 國村 隼  松田 龍平  監督:大友啓史  脚本:澤井香織 音楽:大友良英 原作:沼田真佑 「影裏」(文藝春秋刊)

Official
監督・キャストコメント 監督・キャストコメント

ストーリー

STORY

今野(綾野)は、会社の転勤で移り住んだ岩手で、同僚の日浅(松田)と出会う。
二人で酒を酌み交わし、二人で釣りをし、たわいもないことで笑う、
まるで遅れてやってきたかのような成熟した青春の日々に、日浅に心を許していく今野。
しかし、ある日、日浅は突然今野に一言も告げずに会社を辞めてしまう。
しばらくして日浅は、なにごともなかったように今野の前に現れ、以前と同じように釣りに誘うが、
一度生まれた距離は埋まらず、ふたりは会わないまま時が過ぎていく。

そんな中、日浅が行方不明になっていることを知った今野は、日浅を探しはじめるが、
次々に明らかになるのは、一度は誰よりも心を許した彼の、影の顔、裏の顔。


陽の光の下、ともに時を過ごした
あの男の"本当"はどこにあるのか―。

コメント

COMMENT
  • これほど愛おしく苦しく刹那な人を生きたことがありません。
    私の中で静かに生きていた感情を、今野秋一は呼び覚ましてくれました。
    そして日浅は、今野の中で生きる微かな影裏を見つけてくれた。そして照らしてくれた。
    私はあなたを忘れません。
    影裏で生きる全ての人々に出会えた事、大友監督の眼差し、各部署の愛、松田龍平さんが日浅であったからこそ、私は私で居られた。心から感謝します。
    ※製作発表時のコメント

  • 大友組のもと、「影裏」で日浅を演じました。
    表があればもちろん裏もあって。
    大抵の人は裏は見せないもので。
    人によっては裏表なんてものは大して差がないのかもしれませんが。
    どんな映画になるのか、とても楽しみです。
    ※製作発表時のコメント

  • 西

    震災のような理不尽な事が起きると社会は無意識のうちに
    “見えにくい人たち”について触れなくなる。
    そこに切り込んだ物語に命を吹き込んだ大友監督をリスペクトすると共に、今野と日浅をリアルに生きた綾野剛さんと松田龍平さんをぜひ劇場に観に来てください。

  • 中村倫也
    副島和哉

    今回も非常に難易度の高い役でした。
    綾野さんの呼吸を感じながら、大友監督の眼差しを頼りに、人間関係の生暖かい歪みが垣間見えるように慎重に演じました。伸び伸びとした切なさを、作品の中に残せていたら嬉しいです。ぜひご期待ください。

  • 平埜生成
    清人

    平埜生成と申します。大友啓史監督に宝物を頂きました。綾野剛さん、松田龍平さんとともに過ごした時間は大きな財産になりました。岩手の空気を吸い、お祭り見物をし、宮沢賢治に触れ、美味しい食事、そして、山の中で美しい自然と肉体を調和させる時間。短い時間でしたが、全てが心地よく撮影に臨む事ができました。ナマの生命が鼓動をうつ瞬間まで映っている映画だと思いました。是非、劇場で体感していただきたいです。

  • 安田顕
    日浅馨

    脚本を拝読し、静かに流れる時間の中、登場人物の心のチラチラとした灯火が随所に垣間見えるような作品に感じました。撮影で岩手に向かう道中、原作の『影裏』を読んでましたら、自分が演じる役が出てこなくて、ちょっとだけびっくりした思い出があります。
    大友監督の映画として登場の場所を作っていただき、心より感謝申し上げます。

  • 國村隼
    日浅征吾

    大友監督とご一緒するのは初めてなのですが、登場人物のそれぞれの心象風景を静かに描きながら、 そこにはダイナミックな背景がかくされている、違う側面のものがひょいと立ち現れる面白い世界観だと感じました。
    今までの監督の作品イメージとはまた少し違った新たな大友監督の世界なのだと。
    私の演じた日浅征吾という人物の元に、主人公の今野が息子の事を聞きたいと訪ねてきて、二人が話すうち、だんだんと会話の中から親子の微妙な人物像と関係性がほの見えてくるという、とても濃密なシーンとなりました。
    緊張感を目一杯楽しんで、そこから解放されての盛岡駅でした。

  • 大友啓史
    監督

    原作を読んだ時、静かな文章と行間に宿る巨大なエモーションを感じ、すぐに映像化したいと思いました。震災以前、震災以降。変わらないものと変わりゆくもの。東京オリンピックの熱狂と喧騒に追いやられる前に、寡黙な東北人の身体の奥底に潜む感情に、真正面から触れておきたい。熱烈に「撮りたかった」二人の俳優、綾野剛、松田龍平両氏との地元・盛岡での濃密な撮影は、まるで東北の短い夏のお祭りのように、強烈に脳裏に沁みついています。良い作品に仕上げたいと思います。
    ※製作発表時のコメント

    タイトル通り、この映画は誰もが持つ影の部分、裏の部分に踏み込みでいく作品です。本音では言えないところに、人それぞれの真実、社会との葛藤が潜んでいる。
    その「影裏」を、深く刻み込むかのように体現してくれる役者たちが揃いました。役者たちの見事なアンサンブルと共に、自分の魂を作品の奥底に深くしのばせたつもりです。
    大人の皆様に楽しんでいただける作品になったと思います。是非ご覧ください。